電話の相手方の電話代金を無料にするサービスがありますが、法人個人に限らず、色々な工夫がされて活用されています。

製品のサポートを受ける場合には電話代が無料が普通

相手方無料の電話番号を積極活用する

現在、『0120』で始める、相手方無料の電話番号使用活用が盛んであります。これは、起業みにならずに個人間でも活用されているのを耳にします。たとえば、遠方に住む孫の為に祖父母がこれを設定して、孫が自由に掛けて来られる様にしているケースもある様子です。この様に考えると、用途についてはまだまだあるのかと思われます。これが、企業の場合には、顧客サービスの一環として利用されてきました。ところが、最近は悪質な業者の使用が問題になっていると思われます。これを使えば、元の番号がわからなくなりますので、着信時の番号判断が困難になるのを目的にしていると思われます。

その為には、無料の電話番号ということで、安易に出たりや折り返し電話をするのは控えたいところです。特に高齢者におかれては、不明の電話番号が表示された場合には、周りにいる家族に相談する習慣を持ちたいところでしょう。このように、良い面と悪い面が表裏一体であるのを認識しておく必要があります。

ともかく、プラス面だけを考えれば、相手方無料の電話番号利用というものは、まだまだ活用の余地がありますので、顧客の種類によって使い分けるとかの工夫も出来るのかもしれません。人間心理として、自分だけに与えられた特別の電話番号といったものを好む傾向があると思われますので、顧客差別化の観点からも活用するのは如何でしょうか。或いは、従業員の経費精算の簡略化の為に、従業員専用電話を無料にするのも宜しいのかもしれませせん。